何故抜歯が必要か

季節の変わり目に歯茎が腫れる。

あなたに親知らずはありますか。 ご自身のお口の中をきちんと見る機会は意識しないと得られませんが、年に1回程度は日々の食事の際にお世話になる歯に意識をしてみましょう 20代前半の方が疲労によりお身体の負担が増したとき、親知らずの痛みを感じる場合が多いです。歯槽骨の中で埋まっていた親知らずが、徐々に成長した結果の萌出に伴う痛みは眠れない方が多くいらっしゃるほど苦痛を感じ、口腔外科や歯科医院にかかる場合多いです。 歯列の手前から7番目の歯までの第2大臼歯は青年期までに生えますが、その後ろの第3大臼歯(親知らず・8番目の歯)は生えない方が増えています。小学校低学年の児童に口腔外科でレントゲン撮影をしたところ、近年ではそもそも親しらずがない児童も増えています。

どこで抜歯を受けるか悩まれる場合には

親知らずは、生える向きにより抜歯の方法が異なります。かかりつけ医の歯科医院で抜ける場合もありますが、骨の中に埋まった親知らずは口腔外科で全身管理のもと施術を行ったほうが安心です。 水平に生えている場合は歯を分割して摘出しますし、場合によっては歯槽骨も一部切除しての抜歯もあります。一般的には抜歯の時間が長いほど術後の腫れなどの不快症状が出やすく、骨を切削した場合は術後のケアが大切になります。 また壮年期の女性の多くに見られる骨粗しょう症の方は、抜歯に伴う注意点として顎骨炎が上げられます。術後の経過に不測の事態が生じるとあごの骨を失うこともありますので、口腔外科医による管理のもと医科との連携により服薬をコントロールするかきちんと検討してから受けるようにしましょう。