自信を持つために | 子供の歯科矯正や特殊な治療は矯正歯科へ任せよう

自信を持つために

通常歯科診療と審美歯科の違い

ひと昔前に「芸能人は歯が命」というフレーズが流行しましたが、現在では白くて美しい歯を手に入れたいと思うのは芸能人だけではなくなってきています。歯にコンプレックスを抱えている人は意外と多いのです。 黄ばんだ歯を白くしたい、治療の銀歯を目立たないようにしたいと思い悩んでいる人は沢山います。そういう方に足を運んでもらいたいのが審美歯科です。 審美歯科とは通常の歯科診療である虫歯や歯周病など、病気を治療することが目的ではなく、美しく健康的な歯を作ること、美しい口元を作ることを目的にしています。つまり審美歯科は自信のあるキラキラ笑顔を取り戻してくれる場所なのです。 その審美歯科の代表的な治療に挙げられるのが、ホワイトニングとセラミック治療です。

ホワイトニングとセラミック治療の紹介

ホワイトニングとは歯の脱色のことで、歯の黄ばみを薬の力で漂白することです。ホワイトニングの方法としては、審美歯科でのオフィスホワイトニングと自宅でのホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤を使い、歯科医師か歯科衛生士が行います。ホームホワイトニングは低濃度の薬剤を各自が使用してホワイトニングします。 セラミック治療は短期間で歯並びや色、形を綺麗にします。 セラミックは保険診療で使用する銀の詰め物に比べ、見た目が良く、変色もしません。また歯と歯の密着度が高いので虫歯にもなりにくいのです。セラミックの種類は多く、方法もそれぞれ違うので医師に相談しながらの治療になります。 ぜひ、自分の笑顔に自信が持てずに悩んでいる方は一度、審美歯科へ足を運んでみて下さい。